経済の最近のブログ記事

「北京の恋」の所在地に百年も続く神社の祭りがあります。

普段は全く寂しい、人通ちもないない道が祭りの三日間だけは千軒もの露天が

立ち並びます。それにほんの30年ほど前は植木屋が50軒も並んで

とても賑やかでした。今年10年振りにスタッフと行くと昔とは内容が変わって

いました。おもちゃ屋が無くなって、食べものばかりでです。

金魚も数件しかありません。 その代わりトルコ人のシシカバブ、焼肉が増えていました。

 

中国の最近の経済成長は少々鈍化したと聞きますし、マンションの価格も下がった

そうです。これは日本のバブルの崩壊のような現象にはならないと思います

なぜなら今恩恵を受けている以外の10億の人が儲けた姿を見て

「我も」と思っていてまだ達成していないからです。

スタッフの知人の中国人が、今月大連を1週間旅行したところ50万円も掛かったと

話してくれました。いま中国では1ヶ月の生活費が15万ほどかかり日本と変わらなく

なりました。あの有名なイタリアの高級車「ランボルギー二」の中国の営業所が20箇所

に増えるそうです。アメリカを抜いて世界一になるそうで、中国人の高額所得者が増えて

いるの示しています。とにかく物価上昇は激しく、日本に近づいています

仮病と欠勤

user-pic
0

中国で仮病で休んだ人は70%を越えるという調査結果が出ました。

欧米の有給休暇は相当な日数ですが、中国は10日あるいは5日という所もあるそうで

これが中国人の仮病の原因となっているそうです。

これから欧米並みに<労働条件>が改善されれば、中国人の有給休暇も増えて

仮病もこれから減るでしょう。日本も高度成長期は有給もまともに消化できなかった

歴史があります。

中国の景気

user-pic
0

中国の内需投資は50兆円といわれています。これがリーマンショック以降中国国内に投資

されて、景気を支えています。税収が上がって国内の投資に廻されているのでしょうか。

それとも<中国国国債>で銀行から借りているのでしょうか。

専門家でないので分かりませんが、とにかく景気が良いのです。

中国の地方都市は社会資本への投資がどんどん行われていて、例えば地下鉄が作られています

ハルピン市は中心部で人口450万人の大都会ですが、公共交通機関がバスしかありませんでした。

それでいま東西に貫く地下鉄を作っています。

市役所が全くの空白地、大河の北側に移動するそうです。この大河「松花江」は川幅1Kも

あり今は橋は1本だけです。多分北の市役所と南部を結ぶ地下鉄2号線も作ってしまうかも

しれません 今の勢いだと。

中国は石油が出ます

黒龍江省の大慶というところです。日本は微々たる石油しか取れません

ところがつくば大学の渡邊信教授が藻から石油を作る話を公開していました。

夢のような話です。なんでも世界各地の藻を採取して研究した結果、「オーランチキトリウム」

と言う藻が他の藻の何十倍も効率良く、石油が取れるのだそうです。日本の石油が輸入

しなくても良くなるくらいだそうです。先生は外国からの資金提供をすべて断って、日本の為に

「石油を作る」のだそうです。 日本が石油を輸入しなくても良くなれば、

全く国際情勢が違ってきます。はやく軌道に乗るといいですね。

藻から石油ができるそうです。夢の扉というテレビ番組で出ていました。

つくば大学の渡邊信教授のグループが藻から石油を作る研究をしているんだそうで

夢のような話です。なんでも世界各地の藻を採取して研究した結果、「オーランチキトリウム」

と言う藻が他の藻の何十倍も効率良く、石油が取れるのだそうです。「オーランチキトリウム」

なんて覚えにくい名前ですが、藻を使って培養すれば、日本の石油が輸入しなくても良くなる

そうですから<夢の大発見>ですね。石油資源のないわが国にとって画期的なプロジェクトです

この藻はなんでも沖縄で取れるそうですから国産ですね。

南シナ海でも、東シナ海でも中国は軍備を増強して国威発揚に余念がありません。

一方富裕層は自分達の未来に備えて着々と手を打っているようです。それは富裕層の

海外移住です。カナダのバンクーバーは中国人の一番の移住先です。そこにはすでに

中国人コミュ二ティー(中国人街)が出来ているそうです。移住の理由は中国の不完全な法制度

教育の遅れ、不完全な社会保障、会社経営者のとっては経営環境の悪化、とくに国営企業の

巨大化民業の圧迫、などで未来への不安が高まっていることなどが上げられます。

日本人は一応社会保障が安定しているので、海外逃亡なんて考えもしないところが違います。

アメリカの商売というのは、東洋と一寸扱っている物が違ったり、デザインが少し違うようです

アメリカの小売業の「バービイ人形」「ホーセンター」「家電量販店」が相次いで中国から撤退を発表

したそうです。中国における小売の難しさをアメリカは感じているでしょう。バービイ人形は全く

中国に馴染みがなく、値段も高くてうれません。DIYもなんでも人に頼んでやらせる中国人

気質がホームセンターがはやらない原因だそうです。中国人の知人が5階まで手荷物を

そこに立っていた<叔父さん>に10元払ってやらせたのには驚きました。

中国の人にやらせるのが、金持ちになったらのステータスだとしたら国民性の違いですね。

ハルピンを旅行してみて、ロシアの商店が数件ありましたが、これがロシアと中国の

民生品の生産力の差だと感じました。ロシアの店に入っても買うのもが無いのです。

双眼鏡、ナイフなど軍用品ばかりで、シャツ、ジーンズ、靴などは圧倒的に中国製品です

これは国家がミサイル、戦車などは優秀なものを作っても、あとは国際競争力のあるもの

は作れない事を示しています。

中国の経済発展は止まるところを知りません。もうバブルがはじけると云われてから、数年

立ちますが一向に破綻する様子はみられません。今は地方都市もミニ開発が進み、壊れそうな

住宅を統合してマンションが建ちつつあります。私の知り合いも地上げに掛かったので

売って、マンションの部屋3室をもらいました。東京で行われた地上げと同じですね。

そんなことが起きている中国です。