言葉の最近のブログ記事

日本政府の菅首相が震災で援助を寄せた国に、各国共通の礼状をそれらの国に新聞に載せた

そうです。 人民日報に載せられた中国文をみました。 その礼状は下段の隅に載っていました

中国の反応はその文に<中国>と入っていないと不評です。 そんなに自国中心に考える中国人

も可笑しいし、100億も義捐金を集めた<台湾>にはお礼状を掲載したのでしょうか。

外務省の役人にとって、中国に気遣って台湾は無視したのではないでしょうか。

それから暇な役人が各国一律の文章で手抜きしなくても、その国その国に実情に合わせて

礼状を書くくらい簡単な事ではなかったのではないでしょうか

 

大連には日本語のコールセンターがいっぱいあります。 日本で問い合わせのの電話を掛ける

と中国の大連で受けているのです。日本人はあまりに電話の声が近いので疑いもしません。

そこで働く日本人を募集しているのだそうです。 待遇が良いので行こうかと思ってる日本人

に会いました。 わたしは大連が好きなので進めました。 大連は戦前日本が作った街です

日本人がいっぱい住んでいました。いまも大和ホテルの建物が残っています

日本のアニメを勉強するために、留学する中国人が急増しているそうです

日本のアニメは中国でも人気です。中国政府がテレビ放送を禁止したというニュースを見た

事がありますが、今はどうなっているのかわかりません。 しかし日本のアニメは進んで

いるのは間違いなく、キャラクターが個性的に描かれていて欧米ものとは比較になりません

これを教える大学も増えていっます。 むかしのように「漫画」は遊びではなく、ビジネスに

なっています。中国の学生もこれを学んで本国で成功したいのでしょう

A子さんはラーメン屋の店員の仕事です

昼の忙しい時だけ2時間です

日本語がまだ良く出来ないA子さんは、お客の注文が怖いのです

「麺柔らかくして」「メンマは要らない」 など通常で無い事を客は言ってきます

そのたびに聞き返してお客に怒られています。

日本語をうまくなろうと努力しています

漢字の元はいうまでもなく中国です。 日本の常用漢字が26年振りに改定されました

200文字近くが増えるそうです。

それには近頃のPCの普及に伴って、変換でどんどん難しい文字が使えるように

なってきている事も要因があります。

鬱などとても書けないじが、変換で使えます。

だいたいこんな字だったと形で覚えています。漢字はそれ自体に意味があります。

だから簡略化んは反対です。 医など昔の医に戻してもいいのではないでしょうか

中国の苗字についてしらべた人がいてその数2000、20年間の苦労の結果です。

そのなかでも珍しい苗字は「死」 「鬼」(中国では幽霊の意)などが、あるそうです

「死」などの名前の由来について書いてませんが、聞きたいものです

中国では合法的に苗字を変えることができますが、「死」がどれだけの人が

改姓したかも書いてありません。

王は私の妻ですが、どういういわれなのでしょう。 この間結婚を紹介してと

頼まれた人は「劉」といいます。 劉といえば三国志の「劉備」を思い出します。

中国の発音

user-pic
0

卓球の愛ちゃんが中国リーグに戻りましたね。

うちの中国人スタッフも愛ちゃんの中国での人気を知っています。

彼女は上手に中国語をしゃべるのです。 スタッフによると「中国語の日本人には

むずかしい半濁音」も上手に発音してうまいのだそうです。

2年ほどまえに「上海の恋」とかいうドラマで、上海ロケのなかで古谷一行が中国語

しゃべっていたのですが、中国人には「全然分からない」そうです。

カタカナ表記では絶対発音できない音があるのです、 りーべンレンは日本人ですが

このカタカナ表記では出来ない音なのです。

自筆の手紙

user-pic
0

私たちは手書きで文章を書く事が減りましたよね。

中国でも減っているそうです。 漢字発祥の国でも書くことが減りました。

書く事が一番多いのは、サイン、学校の答案、そして自筆でこの2年間手紙を書いた

ことが無い人が70%を越えています。

そして今がピークで今後永久に自分で書く事は減りつづけていくだろうと言って

います。

発音

user-pic
0

言葉の問題はいろいろあります、まず日本語は読み方がさまざまあるので面食らうのです。

中国人にとって小さい「つ」がむずかしいようです、「それとって」という言葉があります

「それとて」と「っ」を発音をしないのです。

それに「う」です。 「そうです」をいうとき「そです」と発音します。

うと延ばす発音が中国語のはつおんが無いのです。

この「つ」と「う」です

敬語

user-pic
0

中国人にとって日本語の敬語は難しいようです。 

中国人のK女は大阪・日本橋に倶楽部に勤めました、 だんなさんも理解があるのでいままで

の弁当やよりいい仕事だと思います、 一晩1万円です。

そこで問題なのが言葉です、「また お待ちしています」 もっと丁寧なのないの

「また お待ち申しげています」 とにかく日本語の敬語を覚えるのに必死です

「客さん はどちらからいらっしゃったのですか」 日本語の格闘がつづきます。