環境の最近のブログ記事

大輪のバラが咲いたと今月初めのブログに書きましたが、それも散ってしまった

しまいました。

そうするとまた3メートルにも伸びたツルバラが咲き始めました。

このバラの色はピンクローズなのです。

明るい赤、だから希望のような感じがします。そして3センチくらいの大きさで

まとまって集団で咲きます、だから離れて見ると大輪の花に見えるのです。

これが壁一面に咲き誇っています。

バラの季節の最後を飾る 相談所のバラです

中国の受験勉強の激しさは日本の比ではなく、また最近は中国が猛烈に発展しているために

成功者が続出しています。割と成功者は若いのです、30代で年収2000万円なんてざらに

います。その元が学歴です、一応のバロメーターのいなります。一流に採用されて独立

です。日本の詰め込み教育は少子化と共に、全員入学が可能になり早稲田でさえ田舎に高校

を作り学生を集めざるをえなくなってきています。一方中国の大学は大量人口による、

就職競争で受験勉強の烈しさは物凄いものですその結果<暗記>による詰め込みが

第一になっています。 私の知人の中国人の娘が、小学校から日本に居て高校で中国

に帰ったところあまりの激烈さに、日本に舞い戻ったのです。

 

中国の人口分布が変わってきrいます。いままで国民の70%が農村に住んでいましたが、

中国13億人のうち、6億人が都市に暮らすようになったそうです。農村の出稼ぎ労働者が流入

して都市の人口が爆発的に増えたのです。しかしここにきて伸びが鈍化しているそうです。

もはや北京などは吸収しきれないようになっています。そしてごみ処理などの社会インフラが

追いつかず都市で難民のような暮らしをする農民が増えています。

慢性的交通渋滞と住宅が郊外に伸びて職場まで遠くなっているからです。

北京の一人当たりの水の使える量は世界の都市の1/10だそうで、極端な水不足です。

このところ中国関連で検索すると、中国新幹線の事故のニュースがヒットします。

どうも中国は高速鉄道というから、車両にばかり気をとられて運行システムの方に気が廻らなかった

のだと思います。それに国威発揚ばかりで人命なんて事は一つも考えていなかったようです。

国家が国民を棄て、国民が国を棄てているのが原因です。今度の事故犠牲者の火葬場に

警察官が30人も配置されたそうですが、国も国民を信用していないようです。

花嫁は日本が良いと言ってやってきます。

中国の自家用車の保有台数が7000万台を越えたそうです。これが多いのか少ないのか

分りません。一人当たりの保有台数はまだ日本に比べれば少ないでしょうが、絶対数は

もはや都市限度を越えているようです。中国の都市は個人が車を保有するように設計されて

いません。1戸建てが禁止で全員が5階建てくらいのアパートに住んでいます。

その人達が車を持ち始めたので、歩道に車が溢れています。そして人口密度が高いので

車が狭い地域に集中するのです。ナンバーの末尾で奇数の運転日と決まっています。

今日のニュースで中国鉄道部は日本の新幹線に技術援助をしたいと語ったと載っていました。

いまや中国は導入・消化・自己技術の発展の段階に来たと述べています。

日本の新幹線は1964年に開業しました。国鉄技術陣のそれこそ血と汗の結晶と言っていました

が本当でしょう。この47年間一度も人身事故を起こしていないのですから、それをわずか

7?8年でパクって作った新幹線を技術援助するとは「厚顔無恥」です。この熟語は中国が

発祥の地ではなかったのでしょうか。花嫁とは関係ありませんが、いずこの政府も民間とは

ずれていますね。

中国の食品

user-pic
0

中国でも食品の安全に関心が高まってきました。それはスイカの爆発が起こったのがニュース

になったからです。それは発育促進剤を余計つかったからだと言われています。スイカまで

薬漬けかとがっかりさせます。メラミンが粉ミルクに混入させてあった問題。

カドミウム、食用油の真っ黒になった廃油に近いものをろ過してまた売る問題。添加物が20種

も入ったラーメン、そのた食品。中国の消費者の93.2%が不安を持っているそうです。

ということは、国民全部が信用していないと言うことです。

天界の花

user-pic
0

事務所の前の「やまぼうし」が咲きました。 真っ白いはなで、南十字星のようにクロスです。

一見ハナミズキに見えますが違います。ハナミズキはたしか花弁の数がこれより多いと

思いました。同じところがあります。それは3Mも高いところで、花が真上を向いて咲きます

だから 気が付かないときがあります。この花は<天界>から見る花なんだなんて冗談を

言っています。

<おんかほう>首相が日本を訪問して、日本の東北地方の食べものを食しました。

中国みたいな中央集権の所では、首相が食べれば下は文句いえなくなります。

これで一応 日本の食品は安全と言うことになったのです。もっとも言われない輸入規制

で困ったところもあったでしょうから、助かったでしょうね。

そして来日した事は、日本が安全という事を中国国民に見せた事になり、その面でも

効果がありました。

この間まで天気はいいけど、肌寒い日が続いていました。 ところが昨日福島市で30度だ

そうです。 当事務所も室内は返ってひんやりしていたのですが、急にひる頃から、カーデガン

では暑くなってきました。被災地はこの間まで寒くて体育館では大変だろうと思っていました。

いよいよ夏が近づいてきましたね、この頃になると<ハルピン>も急に夏です。

春は大陸は無いのです。 いま30度を越える日が続き夏が始まりスイカが街のあちこち

でトラックに山積みで売られています。