結婚の最近のブログ記事

面白い電話

user-pic
0

「もしもし 結婚相談所ですか?」

7月の下旬 1本の電話が掛かってきました。

「あれ 女性の声だ」 「でも最近はマザコンの男性が多いからその母ということも

考えられるな」なんて 考えて 「ハイ相談所です どういうご用件ででしょうか」

「そちら 相手を紹介してくれるんですよね わたし75歳なんですけど 

結婚したくて」 「え? あなたですか そうすると中国人男性ですくなくても70歳

以上の男ですね」 「そうです」

「う??ん それは初めての話ですね」 「とても 無理だと思いますよ 中国人は老化が

早いですからね」 「とても生きていませんよ」

埼玉県に嫁にきて2年が経過するA子さんの旦那さんは市役所に勤める公務員です

旦那さんの身分も年収も安定しているA子さんの毎日の日課は「日本語学校」

に行って早く日本語が上達する事です。

市営の外国人のための日本語学校は月水金の午前中にあり無料です

クラスには30人くらいの外国人がいて、ドイツ、イタリア、インドネシア、一番多いのは

中国人です。 彼女はそのうちの一人の中国人と仲良くなって、友達関係も

安定してきました。

ある民間団体の日中国民の互いの印象についての調査が載っていました。

それによると日本人の中国に対する感情は80%が嫌い、中国人の日本人に

対するものは60%という結果がだったそうです。

最近の中国の<尖閣諸島>に対する横暴が影響しているものと思われます。

しかし中国人個人に対しては、恨みがあるわけでもないし

良好なのではないでしょうか。 あって話してみると感情をストレートに表し

付き合い安い面もおおくあります。

美人の顔2

user-pic
0

美人というものは18歳?26歳がピークです

バラの花が6月初旬から咲き、精一杯花びらを開いて美しさを出します

そしてある日少し、色が薄れているのです

3日もすると明らかに白っぽくなり、外側の花びらが ハラッと落ちます。

もう取り戻せない盛りが過ぎたのです。

人間に例えるとそっくりです

30過ぎは花びらが色あせてくる頃です、男性もそうです。白髪が見受けられるように

なって、黒かった目は灰色がかってきます。

でも男も女も 心は若い時の事を覚えています

鏡を見て「自分の現状」を認識した男女は良い取り合わせになるでしょう。

その差が15歳くらいなら、中国ではよくあること

美人の顔

user-pic
0

人の顔の命は60?70年

そして美人と言われるのが10年くらいでしょう。 結婚仲介業というのは否が応でも美醜と関係

してきます。だから敢えて言うのだけれど、お客さんの中には美人ばかり追い続ける人が

います。そして結局 こころを重視しないもんだから、とてもひどい女をつかむ事になります

相談所の庭に毎年大輪のバラが咲きます。その花に見とれていると、2週間もすると

1枚2枚と花びらが散ってきます。そして10日間もするとすっかり散ってしまいます

蕾から咲き始めまでが、女性でいうと18?22歳でしょう。

だれがみても美しい時です

   (つづく)

2.5mにも伸びたバラの木に100個くらいの花が着きました

5,6年前に剪定を忘れたら、いつの間にか伸びてしまった枝に大輪の花が

咲くようになりました。道行く人も立ち止まって「立派なバラですね」と誉めてくれます

そうすると嬉しくなり、肥料なんかを買ってきてあげるようになりました。

毎年これでもかと花をつけるようになりました。 バラの咲く六月には必ず花嫁が決まります

今年はどんな人が来るかな・・・

楽しみです

真冬の結婚

user-pic
0

今日で2月も終りですね

今年の2月の特徴はやはり大雪でした

そんななか、男女の結びつきは雪は関係ないものです。

44歳男性と42歳女性が結婚する事になりました。女性は教養が深くて元夫は資産家

だそうです。しかし 同じ歳の女性と不倫関係を10年も続け女性は苦しんで離婚しました。

だから男性の生活水準が低くても<喜んで>納得しました。

男性も真面目な人だったので、それが一番と考えたのでしょう。

明日から3月です

また新しい結婚が生まれるの楽しみにしています。

「ダメな自分を救う本」というオチャラケタ表紙の文庫本を買ってしまいまいました。

著者は「井上裕之」と言う人で、広く講演会・セミナー・目覚ましテレビなどに出演する

だそうです。 本のサブタイトルには<恋人が出来ない、結婚が出来ないーー>モテる

ようになる。 と書いてあります

国際結婚に限らず国内婚でも 潜在意識の <俺はダメ>を克服する方法が

優しく書いてありました。

寒い季節ですが、結婚の希望は燃えているうようです。

先日もお見合いがありました、男性の方は緊張してあまり喋れません。

当社では必ずテレビ見合いをします。男女の意思を良く確認するためです

あくまでも<両者>の合意がないと先にい進めません。

男性の顔が明るくなってきました、きっと気に入ったのでしょう。

自分の意思表示が出来る男性は幸せです

相手の女性も気にいってくれれば、日本の結婚相談所で何年も掛かった

事が嘘のように婚約です。

「こんな事なら 早く国際結婚に来れば良かった」と男性が言います。

国際結婚はYES、NOがはっきり 結論が早いのです。

5年目の幸せ

user-pic
0

結婚5年目の男性からメールが入ってきました。

「今日 入管から永住許可の為の電話が入りました、妻の仕事や渡航歴など

を聞かれました、今月中にも結果が出そうです」とありました。

5年前に結婚を世話した男性です。たまたま同じ市内に住んでいて、男性は建設会社

に務めていました。住宅ローンも終りそうなので生活が楽になると言っています。

5年も立って近況を知らせてくれるなんて嬉しい事です。