2013年2月アーカイブ

北京の旧正月も終わり、ようやく平常に戻りつつあるようです。

この旧正月は日本ではたいした事がないように思われますが、中国人にとってとても大切な行事なのです。

中国結婚登記所、在日領事館も休みが続くので、日本での独身証明書の裏印などの手続きが全部ストップしてしまい出発がせまったお客さんはおおあわてでした。

婚姻要件具備証明書などは太平洋側の人は在地に一番近い領事館でないと、中国側に拒否されるので注意したほうがいいでしょう。

中国の旧正月の元旦は2月10日です。
すなわち土曜日は大晦日、民族の大移動が始まっています。
多くの花嫁の故郷<ハルピン>は北の都ですが、やはり大連、北京に働きに出ている人が多いのです。
だから物凄いUターンラッシュになります。新潟ーハルピン線も混雑です。もう満席で取れません。
この時期の見合い・結婚はこまります。第一登記所が正月休みに入り、せっかくいってもすることがありません。
第二に親戚中が集まる時期によそ者がいても、日本んも元旦と同じように構う事ができません。
もっとも結婚してしまえば身内ですから、その集まりに参加すればよいのですが。
この旧正月に行く、結婚済の国際結婚カップルを何組も知っています。
お年玉を用意するのは中国も同じ、出費の覚悟です。