2013年1月アーカイブ

人面桃花

user-pic
0
もう早いもので明日で1月は終わりですね。
先日唐詩の「人面桃花」という詩を思い出して、ネットで詳しく  調べ直しました。
その内容は唐の都「長安」の南区で一人の若者が桃の花が美しく咲いている屋敷の門で美少女を見かけました。
翌年また桃の花の咲く頃に その屋敷の門の所に来てみると、少女は居なくて桃の花だけが去年と同じように咲いていた。という中国で有名な詩です。
あなたが中国人の奥さんに 「人面桃花」の話しをしてあげると盛り上がるかもしれませんね。
桃は中国の「桜みたいな花」ですから、中国人は喜びます。
新潟は昨日雪でした。この季節は我慢ですね春まで、しかし花嫁の故郷ハルピンは冬が一番楽しい季節です。それは関東太平洋側のように晴れて寒いだけですから、ハルピンっこは外で遊ぶのです。ハルピンは冬にアイスクリームがうれます。そして杏を10個くらい串に刺して飴の中に漬けたものを露店で売ってます。私みたいな日本人は飴があっても酸っぱくて食べられません。やはり育った環境でしょう。そして松花江という大河がハルピン市内を流れているのですがこれが1メートルくらいの氷が張ってトラックも通れるようになります。
この氷上でいろんな遊びをします。犬そり、馬車、コマ回し、スケート、など盛りだくさんです、また市内には3mくらいの氷像が何百とあり蛍光灯が入って夜には赤や黄、緑いろに輝きます。夜はマイナス30度にもなりますが、ハルピンっこは水餃子のレストランに入って湯気もうもうの温かい店内で騒ぎます。冬は賑やか、楽しい。
皆様 あけましておめでとうございます。
長いあいだお休みしていましたが、ブログを再開したいとおもいます。
中国との国際結婚は尖閣問題で大きな影響をうけました。しかし個人の幸せを追う人たちの行動は強力です。
こんな対立があっても当社が紹介した夫婦の絆は強いようです。
いろいろ小さな衝突はありますが、夫婦で乗り越えていますというメールを頂き、当社もこころ強く感じます。
ことしは日中での国際結婚をした夫婦の幸せのためにも、<尖閣問題>を乗り越える年にしてもらいたいと思います。
今年もよろしくお願いいたします。