2012年6月アーカイブ

ある民間団体の日中国民の互いの印象についての調査が載っていました。

それによると日本人の中国に対する感情は80%が嫌い、中国人の日本人に

対するものは60%という結果がだったそうです。

最近の中国の<尖閣諸島>に対する横暴が影響しているものと思われます。

しかし中国人個人に対しては、恨みがあるわけでもないし

良好なのではないでしょうか。 あって話してみると感情をストレートに表し

付き合い安い面もおおくあります。

大輪のバラが咲いたと今月初めのブログに書きましたが、それも散ってしまった

しまいました。

そうするとまた3メートルにも伸びたツルバラが咲き始めました。

このバラの色はピンクローズなのです。

明るい赤、だから希望のような感じがします。そして3センチくらいの大きさで

まとまって集団で咲きます、だから離れて見ると大輪の花に見えるのです。

これが壁一面に咲き誇っています。

バラの季節の最後を飾る 相談所のバラです

美人の顔2

user-pic
0

美人というものは18歳?26歳がピークです

バラの花が6月初旬から咲き、精一杯花びらを開いて美しさを出します

そしてある日少し、色が薄れているのです

3日もすると明らかに白っぽくなり、外側の花びらが ハラッと落ちます。

もう取り戻せない盛りが過ぎたのです。

人間に例えるとそっくりです

30過ぎは花びらが色あせてくる頃です、男性もそうです。白髪が見受けられるように

なって、黒かった目は灰色がかってきます。

でも男も女も 心は若い時の事を覚えています

鏡を見て「自分の現状」を認識した男女は良い取り合わせになるでしょう。

その差が15歳くらいなら、中国ではよくあること

美人の顔

user-pic
0

人の顔の命は60?70年

そして美人と言われるのが10年くらいでしょう。 結婚仲介業というのは否が応でも美醜と関係

してきます。だから敢えて言うのだけれど、お客さんの中には美人ばかり追い続ける人が

います。そして結局 こころを重視しないもんだから、とてもひどい女をつかむ事になります

相談所の庭に毎年大輪のバラが咲きます。その花に見とれていると、2週間もすると

1枚2枚と花びらが散ってきます。そして10日間もするとすっかり散ってしまいます

蕾から咲き始めまでが、女性でいうと18?22歳でしょう。

だれがみても美しい時です

   (つづく)

2.5mにも伸びたバラの木に100個くらいの花が着きました

5,6年前に剪定を忘れたら、いつの間にか伸びてしまった枝に大輪の花が

咲くようになりました。道行く人も立ち止まって「立派なバラですね」と誉めてくれます

そうすると嬉しくなり、肥料なんかを買ってきてあげるようになりました。

毎年これでもかと花をつけるようになりました。 バラの咲く六月には必ず花嫁が決まります

今年はどんな人が来るかな・・・

楽しみです