2012年1月アーカイブ

寒い季節ですが、結婚の希望は燃えているうようです。

先日もお見合いがありました、男性の方は緊張してあまり喋れません。

当社では必ずテレビ見合いをします。男女の意思を良く確認するためです

あくまでも<両者>の合意がないと先にい進めません。

男性の顔が明るくなってきました、きっと気に入ったのでしょう。

自分の意思表示が出来る男性は幸せです

相手の女性も気にいってくれれば、日本の結婚相談所で何年も掛かった

事が嘘のように婚約です。

「こんな事なら 早く国際結婚に来れば良かった」と男性が言います。

国際結婚はYES、NOがはっきり 結論が早いのです。

何を今頃と思うでしょうが

中国は今正月で、延べ30億人が大移動する<春節>なのです

知り合いの中国人に聞くと日本以上に家族・親戚が集まって会食をするそうで

子供の頃は沢山のお年玉が集まったと楽しそうに語ります。

中国の正月を音で演出するのが<爆竹>です、一時禁止になっていましたが

やっぱり復活しました。筆者が正月にホテルに泊まっているとあちこちから<爆竹>が

聞こえてきました。 大晦日は10時頃<水餃子>を食べます、これは習慣のようです

 

この氷まつりの頃になるとハルピンを思い出します

春夏秋冬それぞれに思いだすけど、普通は冬なんて早く春が来れば良いと

日本では思います。

ところがハルピンは冬が面白いのです。暑いのは我慢なりませんが

冬は全館暖房でハルピンは暖かいのです。水蒸気が全市の地下を張り巡らした

パイプを通じて各世帯に通じています。いわゆる全市セントラルヒーティングなのです

その水蒸気が歩道がら漏れてもくもくと白い煙が出ている所もあります

今は全市で氷像が飾られてメイン会場には、色とりどりの蛍光灯を氷に埋め込んだ

氷の城なんかが見ものです。

中国の最近の経済成長は少々鈍化したと聞きますし、マンションの価格も下がった

そうです。これは日本のバブルの崩壊のような現象にはならないと思います

なぜなら今恩恵を受けている以外の10億の人が儲けた姿を見て

「我も」と思っていてまだ達成していないからです。

スタッフの知人の中国人が、今月大連を1週間旅行したところ50万円も掛かったと

話してくれました。いま中国では1ヶ月の生活費が15万ほどかかり日本と変わらなく

なりました。あの有名なイタリアの高級車「ランボルギー二」の中国の営業所が20箇所

に増えるそうです。アメリカを抜いて世界一になるそうで、中国人の高額所得者が増えて

いるの示しています。とにかく物価上昇は激しく、日本に近づいています

5年目の幸せ

user-pic
0

結婚5年目の男性からメールが入ってきました。

「今日 入管から永住許可の為の電話が入りました、妻の仕事や渡航歴など

を聞かれました、今月中にも結果が出そうです」とありました。

5年前に結婚を世話した男性です。たまたま同じ市内に住んでいて、男性は建設会社

に務めていました。住宅ローンも終りそうなので生活が楽になると言っています。

5年も立って近況を知らせてくれるなんて嬉しい事です。

今日から仕事初めです、一般の会社とは違ってこの商売は待っているのが仕事みたい

なところがあって時間はあまっています。

ですから掃除、コピー用紙、、会社の珈琲、の買い物などに出かけました。

相談者の方はこの春結婚しようかと考えているのでしょうからのんびりしたものです

中国は1月20日頃から<正月>です。

ですからこの時期から2月の始めまで「結婚式」は行わないのが

毎年の恒例です

この頃から<ハルピン氷まつり>が始まりますので、正月の飛行機の混雑

を考えないなら見物は如何でしょうか。

日本で想像も出来ないくらいの規模の氷の大きさです。

謹賀新年

user-pic
0

正月元旦は実業団駅伝、2日3日は箱根駅伝を見ているとあっと言う間に3ヶ日は終ってしまい

ます。 興味を引くのは何と言っても箱根駅伝です。

とくに往路の3区から5区が面白いのです。 サザンの「希望の轍」に出てくる海岸道路に

出てくると懐かしさもあって引きこまれます。まだ駅伝も勝負がついていない3区は

「希望の轍」のようで、毎年新しい学生が登場してくるので歌のようです。

今年は早稲田を応援していたので、気持は<不発>で燃焼しきっていません。

優勝した翌年は卒業していまうので様子が様変わりです。

これも<定め>でしょうか。