2011年4月アーカイブ

中国の高速鉄道の最高責任者の鉄道部長が汚職で逮捕されてから、鉄道政策が変わったようです

時速350キロという無理な営業運転を止めて250キロ前後の、日本と同じ速度の営業運転に

なってきています。ドイツのシーメンス、川崎重工の技術協力で出来たものを国産と言い張って

輸出などと言っていました。やはりレールの手抜き工事が心配になってきたのでしょう。

いつか大事故、こんな時に乗り合わせたら不幸です

花嫁の心配

user-pic
0

先日 宮城県の漁港の男性に中国から来た花嫁から電話がありました。

もちろん中国語ですから、中国語で応答しました。 彼女は言うには「この町は津波で何も

かも壊れてしまって、もちろん日本語学校もないので勉強できない」というものでした。

こちらはなぐさめて、主人に代わってもらって転居を勧めました。

彼の月給は18万、20年同じ会社で働いてあまりも安いので<東京>で働く事を勧めました。

ただ彼は「職が見つかるだろうか」と心配して動けないのです。

今朝のレコード・チャイナに面白いブログが載っていました。日本人は元朝以降、中国にたいする

憧れを失った、奈良・平安の隋・唐の時代は日本にとって中国は憧れだった、そしてまだ宗朝

の時代の中国に興味があったけど、元朝に2度来襲、元寇があって中国に興味を失っていった

と書いています。 たしかに鎖国のあと欧米に関心が移り中国は尊敬から見下すようになって

いきました。今は商売として興味はあるけど、国として尊敬を集めているとはいえません

こんなタイトルの記事がありました。中国人労働者は嫌われるなぜかというと、少しでも高い

給料があると翌日からいなくなるというのです。これに比べて台湾人はねばり強く一つの

職場にいます。 こんな事から台湾人は信用されるのだと言っています。

これも台湾人の積み重ねの努力だから、信用を無くさないように頑張ろうと台湾人の

筆者は言っています。今度の災害義援金でも台湾はダントツで、2500万人の人口比

で直せばアメリカの14倍です。もちろん中国なんて問題外です。

原子力発電

user-pic
0

中国は猛烈な勢いで原発を作っています。いま中国に行くと地方では必ず停電があります

結婚花嫁の多くが出身地の方正県は停電ばかりです。いわゆる日本の計画停電がしょつちゅう

行われています。慢性的な電力不足なのです。だから原発を物凄い勢いで作っています。

だから政策として原発を推進していて、国に逆らうことなどあの国で出来ませんので

どんどん出来るでしょう。

今日の天気は曇り 明日は雨 桜は満開を過ぎてチョッと散り始めています。

と言う事は今日が桜の見納めと言う事で、ビールをもって隣りの公園に繰り出しました

公園には樹齢60年の見事なさくらが50本くらいあって壮観です。遠方からもわざわざ見にきます

早速シートを敷いて、コンビニで買ってきたオードブルにビールで乾杯

地震で自粛気味ですが、ささやかな宴を開きました。中国人の友人も加わってたのしく

中国の歌なんかも飛び出して賑やかでした

大連出身の中国人夫婦が経営している中華レストランに行ってきました。チャーハン、マーボー飯、

にラーメン、タンメン、チースーメンやら麺と飯の組み合わせは自由で680円でした。

5年前に知り合いになって、私が大連の景色が好きだったこともあって友達になりました。

大連の西、旅順に行く方向に「星が丘」という何万坪もある広場があります。

海岸端で大きな「星のマーク」の敷石がありました。高級マンション群があり、彼はそこにも

自宅をもっています。中華レストランは2店舗も営業していますし、経営の才能があるのですね

「鳥のように何にも考えず、空を飛びたい」と中国人花嫁が言いました。

昨年結婚して日本に来た花嫁です。 当相談所が仲介した女性ではありませんが、中国人の

友人を通じて遊びに来るようになったのです。 旦那の収入が低くて、住宅ローンもあって生活

が苦しいのです。だからこんな言葉が出てきたのだと思います。気の毒ですがどうする事もできませ

ん。 そうかと思えば一昨年結婚したF子さんはだんなと一緒に<香港>旅行をしてきました。

だんなさんの愛してくれるし、収入も都市銀行で1千万を越えます。 これも人の運命でしょうか

 

昨日は近くに住む結婚3年目のB子さんが、イチゴをお土産に遊びにきました。

B子さんは昨年末の蒲鉾工場を契約満期で辞めました。 そのご舞茸、介護しなどいろいろ

考えて探しています。介護しも資格試験があって、そんな学校に行くのも10万円掛かります。

そして合格すると、その学校の介護事業に採用になります。 本来会社が社員教育として

やるべき事を<資格>などを作って有料化しているいるように見えます。でも仕事がないから

しょうが無いですね。

中国人がどんどん原発を恐れて帰国するなか、日本に来るのは中国人にとって勇気のいる事

だと思います。 青年の故郷は東日本大震災の津波の被害を受けましたが、幸い青年の家は

被害に遭いませんでした。しかし町が荒れたのと石油も無い、食料も無い状況で1ヶ月花嫁

来日を延ばしました。それが今日実現して仙台までの新幹線が開通していないのでバスで

きました。5時半に着いたので出迎えに行って、当社で休憩。その後空港で<感激の対面>

を果たしました。 昨年の11月ハルピン訪問以来です 夫婦の感情は他人にはわかりませんが

嬉しそうでした。

中国人研修生の女性が訪ねてきました。先週ブログに載せたばかりだったので「まだ花婿は

現れないよ」 と話しました。 「それは分っているけど寮で一人でいるのもつまらないので

遊びに来た」といいました。 「いま日本は震災で みんな自粛ムードのなか結婚どころじゃ

ないんだよ」と慰めてあげました。 「それは分っているけど じっとしていられないので・・」

とため息をつきます。 となりの公園の樹齢60年の桜が綺麗に咲いていたので見に

いきました。 桜を見て日本の春を楽しんでくれればいいのですが

各国の技術を盗用して作った中国の新幹線が350キロも無理なスピードの営業運転を止めて

300キロと250キロの2種類にして運賃を下げるそうです。

スピードを上げれば、レールの損耗も激しいしまだ出来たばかりの新幹線の安全も危ない

事に気が付いたようです。そのうち脱線などの大事故の危険性が増していたのを回避する

事にようやく神経が廻ってきたようです。莫大な費用を掛けた上海ー北京間の新幹線は

終点から全部乗ったして、借金を返せないそうです。 これは国家プロジェクトですから

国家財政から補填するのでしょうけど

本当に春がきました桜も開花して、地震があったように思えない和やかな日です。

しかし全てにおいて<自粛>ムードで、なにごとも控えめです。これが旅行、飲食業にも

影響を与えて予約がさっぱりだそうです。 結婚業界も<自粛>でさっぱりです。

こんなときは「じっとしている」に限ります。 世の中のムードは人の力ではどうしようもない

からです。そのうち「旅行」や一杯やりたくなります。そして美人を見れば「結婚」したくなります。

時期がくれば

当相談所もようやく春らしくなり、桜はまだですが気温は19度にもなりました。

この20日くらいに桜が咲くのではないかと思います。今日は園芸店にいって、地植えの花を

何種類か買ってきました。相談者が来られたら少しでも心が和むようにこれから植えようと

思っています。黄色、紫、ピンク、ととにかく鮮やかな色ばかりにしました。

私が派手な色が好きだからです。 女性も華が必要ですがこれは別に美人という意味では

ありません。内面から香る花のような女性が居るのですが、だれか嫁さんにしませんか。

中国人が多く帰った理由に故郷の父母からの「帰って来い」という執拗な誘いがあったからだと

いいます。中国人は父母との関係が濃いのです、日本人には想像もつかないほど濃密です

それは時として「仕送り」をして親を助けます。また親も子供達を頼りにします。

それらの中国人が戻りつつあります。 もちろんもう戻らないときめている人もいるようです

がやはり生活資金を得る為に日本を見た時に「前と変わらない生活を日本人が送っている

ようだ」と認識しているようです。

日本政府の菅首相が震災で援助を寄せた国に、各国共通の礼状をそれらの国に新聞に載せた

そうです。 人民日報に載せられた中国文をみました。 その礼状は下段の隅に載っていました

中国の反応はその文に<中国>と入っていないと不評です。 そんなに自国中心に考える中国人

も可笑しいし、100億も義捐金を集めた<台湾>にはお礼状を掲載したのでしょうか。

外務省の役人にとって、中国に気遣って台湾は無視したのではないでしょうか。

それから暇な役人が各国一律の文章で手抜きしなくても、その国その国に実情に合わせて

礼状を書くくらい簡単な事ではなかったのではないでしょうか

 

昨日は 中国式にんにく味噌を造りました。 まずにんにくを近くの八百屋で買ってきました。

17個のネット入りで350円、中国産です。 それをちぎって水に入れ、薄皮を剥いていきました

なにしろ10個も剥くと皮の料もいっぱい出ます。 そして玉ネギも合わせて微塵切りにします

そこに醤油、味噌、みりんを入れて味付けをしました。なにしろニンニク10個ですから、物凄い

臭いが籠もりましたが中国ニンニクの魅力には勝てません。これを熱いごはんに掛けて食べる

のです。中国式精力剤でした。

中国製のコンクリート圧送車(65M)の無償提供を福島原発に申し入れたと一時報じられた

けど、本当に原発で使っているのだろうか。その後のニュースはドイツ製の圧送車で4号機

に注水しているテレビは見たが、中国製の話は聞かない。というのは中国ニュースで中国

製圧送車が使われ、国際評価が高まっていると報じている記事を読んだからです。

そんな事を狙って、無償提供を申し出たのだと思っていましたが、上陸したとは聞いて

いません。

日本の単純労働は中国人に支えられているのがわかりました。茨城県のいちご農家がテレビに

出ていました。そこには干からびて腐ったイチゴの畝がいくつもありました。

中国人実習生が原発が怖くて帰国してしてしまったので、作るのを放棄したイチゴのビニール

ハウスでした。中国人実習生は茨城農協を通じて400人きていたそうですが、大半は帰国して

しまいました。それで農業は成り立たないのだそうです。日本人ではだめなのしょうか。

多分給料が合わないのだと思います。 でも最近は日本人もパートの給料が下がっています

原発の心配

user-pic
0

地震で原発問題が発生して、国民は関心をもって見ていますがだんだんこじれていくようですね

低濃度の汚染水は海に流すなんて話は放流する前の1時間まえには公表されていなかった

のでビックリしました。6万トンの高濃度汚染水を貯めるタンクもこれでいいのでしょうか。

また突然足りないなんて言うのではないかと心配しています。タンクをいくらでもつくって

行くわけにはいきません。どこかで注入を止めなければ、それには良く分らない事が

多すぎます。どうなるのでしょうか

被災地の漁港の町のAさんからメールがはいりました。 その町は津波で大半が流されました。

彼の家は高台にあって奇跡的に津波を免れました。彼は理容師で漁業には関係が無かった

ので直接の被害はありませんが、間接の被害は相当だろうと想像しています。

花嫁に聞いたら、日本を逃げ出した中国人は7000人、ほとんどが福島原発を恐れています。

ところが花嫁は逆に<日本に来る>と言ってきたそうです。 それも4月中です。

宮城と新潟を結ぶバスは開通しました。 新潟空港に来る日も決まりました。

あとは被災地から仙台に出るバスはどうなっているのでしょう。

ポロッと涙

user-pic
0

昨日遊びにきた女性は、日本に来て1年半になります。 研修生制度という日本で3年働く労働省

の制度で来日しました。 昨日は来日17年の日本に帰化している女性と一緒に来ましたが

ほとんど日本語が分りません。 それは毎日寮と職場を往復して、ほとんど日本人と喋らない

からでした。 それでも日本の状況が分ってくると、日本人の責任感の強い所とか、誠実な

ところが中国と違う言を知りました。それで日本人と結婚したいと思ったのです。

60歳でもいい?と聞くと突然ぽろっと涙を流したのです。 あまりに意表を突く涙だった

ので印象に残りました。 優しい子でした

東京消防庁に台湾の財団から1億円の義捐金が送られた。 石原知事に送った財団の副会長

は「隊員が可哀想」と声をつまらせた隊長の談話を聞き、日本人の規律ある行動と落ち着きの

ある姿勢に感動したと述べています。 私たちから見れば立派な行動だけれども、どの消防隊

もやる普通の行動に見えます。 しかし外国人から見るとあれが不思議に落ち着いて規律

ある不思議な行動に見えるのですね。 日本人の資質は素晴らしいのですね。

きょうから4月ですね。 三月は地震があって戦後最大の自然災害と言ってもいい大きなものでした

まだ原発・津波の被災地では苦難が続いています。

当相談所で結婚した男性は宮城県の魚村でしたが、家が高台にあって幸い被害を

免れました。 花嫁は3月14日に来る予定でしたが、とっても受け入れる状況ではなく

延期してもらいました。 中国では福島原発が爆発してみんな放射能で死んでしまうという

うわさになっています。 福島宮城の中国人5000人が帰国しました そんな中で「来て」

というのも中国の家族の理解が得られるかどうか分りません。

これから解決しなければならない問題が多いのです