2010年12月アーカイブ

12月8日からずっと休んでしまいました。

この間中国情勢には大きな変化が無かったようですね。

中国も間違ったカードを切ってしまったと反省しているのでしょう。特にレアーアースの

禁輸は国際社会に衝撃をもたらしました。

ところがこの<禁輸>という奥の手を早々と見せてしまったのです。

これで日本や国債社会は木が着きました。 過度に中国に依存しては危ない

とわからせてしまったのです。 そういう意味で「カードを早く切りすぎた」のです

中国料理を良く食べる様になって以来、塩分脂分カロリーを摂り過ぎになった様な気がします。

和食に比べると中華料理は油が多く高カロリーのものが多いですね。

そのせいか、次第に脂肪が増えていき太ってきた様に感じます。

食生活が乱れると、様々な生活習慣病の原因となってしまいます。

私も気をつけようとは思っていますが、目の前に美味しい料理がたくさん並ぶとつい食べてしまいます。

そして、定期的に散歩などの有酸素運動をして、カロリー消費をすると決めていたのに、お腹がいっぱいになるとつい横になってしまいます。

こういう生活がボディブローの様に効いてきて、今まで体調に何も問題なかったのに、いきなり牙をむいてきたりするものです。

食生活などの生活習慣は日々の積み重ねなので、日ごろからの注意が大事ですね。

心を入れ替え、生活態度を改めたいと思います。

中国式歓迎

user-pic
0

このところ日中は静かですね 嵐のまえの静けさでしょうか 我々庶民にとって政府

の対立は迷惑です。

今週知人がハルピンに行ってきました 向こうは雪でした 雪と言ってもそんなに

積もりません。 せいぜい20?30センチで後は晴天が続くのです

だから気温はマイナス20度あるけれど ほこりが舞って乾いています

過ごしやすいと言えます じめじめ濡れているよりは そんななかで冬といえば

酒です バイチュウで歓迎されて日本人は15度でひっくり返るのに40度50度

を飲まされてダウンしたそうです

今日は全国的に小春日和でしたね 気温は20度くらいあり 冬にはありがたい天気です

一方中国ハルピンはと言えば いまマイナス20度くらいです

天気は中国東北部と連動しています 例えばハルピンは物凄く寒い日が

あると2日遅れで日本海側では大荒れの天気になります

大陸と日本はくっついているのです ハルピンに行った人の話によると

いまハルピンは20センチくらいの積雪です。 ただ雨が少なく晴れた日が多いので

過ごし易いのです 雨よりは

ハルピンの酒は小麦から作った蒸留酒の<白酒>(ばいちゅう)です

このバイチュウは度数が強くて 日本の15度なんて馬鹿にされてしまいます

40度そして56度なんてものがあります。 ハルピン人はいまの季節 外がマイナス20度

の寒いなか強い酒を飲むのです。 のみ慣れるとバイチュウは蒸留酒なのであっさり

しています。 そして低い度数では物足らなくなるのです

日本では低い度数のウイスキーでも水割りにします、そんな事中国で言ったら

笑われます。 酒は中国派です