2010年10月アーカイブ

きょうの日曜日 朝から妻が早く起きてきます

あれっ変だなと思っていると 近くに嫁にきたC子さんと出かける

約束をしているのだそうです。

C子さんの旦那が車を運転して、中心部まで連れて行くのです

C子さんは中国から嫁に来たのですが、実に良く気の付くひとで 去年の夏は

スイカを自転車にぶら下げて遊びにきました。 きょうは妻にジャケットと

栗を持ってきました。 別にもらうから言う訳ではありませんが、気持の

優しい人です。 日本人の私の母もベタ誉めです

信州味噌

user-pic
0

一昨年結婚したG子さんから電話が掛かってきました

今度主人とそちらへドライブするので ちょっと寄りたいというのです

G子さんは長野市に嫁に行きました

今年の夏 こちらが善光寺に行った時寄ったのです

郊外の1軒やが新居でした。 だんなさんは味噌屋さんに勤めています

だれでも知っている「味噌屋」です。

善光寺に御参りの帰りにそこの味噌を買ってきました

対中包囲網

user-pic
0

いよいよ米国が態度を変えた」とレコード・チャイナが報じている。

11月7日からアジアを歴訪するオバマ大統領がインド、韓国、日本など

を訪問するが中国には寄らない。

南シナ海、東シナ海での中国の行動が決定的に米国の不審をよんだのだ

対中包囲網を築こうとしていると報じている

米国はいよいよ本気モードに入っている

オーストリアのネイストビット教授がこんな発表をしたとレコード・チャイナに

載っている。

それは調査の学生がいつも深夜にメールを送ってくる事からわかった。

中国の学生はとにかく暗記で、学校が終ったら塾、そして詰め込み暗記。

ここから家庭では優遇され、自立が出来ない、子供のなってしまうと言われている。

ケンタッキーを食べ、韓国ドラマを見て、ヒップホップを聞く世代だそうです

冬が来ました

user-pic
0

今日は寒いですね

一気に気温が下がったので余計寒く感じます。 ハルピンは雪です

昨日の電話で言ってました。

今朝のニュースでは札幌は雪が降ってましたね、東京でもことし初めての

木枯らしが吹くとニュースでは言ってました。

こんな中結婚では<熱い戦い>が繰り広げられています

女性の方が少なく優位に立っています、今男性の出身県が問題になっています

数年まえでは考えられなかった事です。

北国の県は女性が行きたがらないのです

大陸の天気

user-pic
0

中国の東北地方は初雪が降ったそうです

関係ないーーいや大いに関係があるのです。2日後に必ず日本も西高東低の

気圧配置になって、テレビの天気予報では日本海側は大荒れの天気と

言うのです。

大陸の天気は冬になると、特に連動してきます。

大陸が寒波なら2日後 日本が寒波です。 ハルピンに電話して聞いた方が

良くなります。

中国検索エンジン「百度」で 最新の映画が見れるのですね

アメリカ映画「ナイト&デイ」が今日本で公開されていますが、

この最新の映画が半年も前の「百度」で公開されていたのです

中国人花嫁のA子さんは 「ナイト&デイ」は見たよと言っていましたが

まさか日本で公開されている最中なのに 見れるわけはないだろうと

言ってやりました。

ところがA子さんは「ナイト&デイ」をこの六月に日本でPCを使って
見たのです

A子さんはラーメン屋の店員の仕事です

昼の忙しい時だけ2時間です

日本語がまだ良く出来ないA子さんは、お客の注文が怖いのです

「麺柔らかくして」「メンマは要らない」 など通常で無い事を客は言ってきます

そのたびに聞き返してお客に怒られています。

日本語をうまくなろうと努力しています

D子さんはいじめに逢って蒲鉾屋のパートを辞めました

その後彼女に電話してみると、清掃会社のパートに納まりました。

その清掃会社はビジネスホテルを何軒もお得意先に持っていて

いま行っているとこは有名な名の知れたホテルです。

9時ころから部屋の掃除が始まって、ホテルのチェックインが始まる3時までが

仕事の時間です。

彼女は今度は一人で仕事するのでいじめられる事もなく、伸び伸び仕事をしています

レアアース3

user-pic
0

レアアースと言われても素人にはピンと来ない

90%を中国が生産して、日本の輸入の90%は中国というから

これを使わない手はないだろうということで 中国は輸出を禁止している

日本は一度使ったレアアース製品の再利用など、代替物質の開発など

模索している。

いずれにしても中国1国に頼るとこうなると早い段階で 分ったのだから

今後対策を練ればよいのである

空港の出来事

user-pic
0

空港で60歳くらいの男性と40歳くらいの中国人女性が 言い争っていました

聞くともなく聞いていると 女性は中国に出発するところ、男性は見送りの

ようでした。

どうも残る間の小遣いでもめているようでした。

千円返すから1万置いて行けと言っているようです

柵越しに千円をやったり取ったり、 みっともないですね。

心の小さい男性のようでした。

F子さんとG子さんは 仕事が終った7時ころから ソフトバンクで会話して

います。

もちろん無料だと知っているのです

F子さんは掃除の会社で ホテルに出向しています。 朝9時ころチェックアウトする時間

から2時ころまでに掃除整理しなけrばなりません。 一方G子さんは煎餅の工場です

ベルトコンベアーが働けるギリギリの猛スピードで動きます。

二人とも文句も言わず 働いています

B子さんがパート先を辞めたのです

日本では今仕事が少ないのは分っていました。

しかし 意地悪な日本人がいて B子さんに無理な仕事を言いつけるのです

すなわち辞めさせようという意図に乗ってしまったのです。

我慢できなくなくなったB子さんは ついに班長に文句いいました

それで結局 辞めざるを得なくなりました、

次の仕事を探すのは大変ですが、案外B子さんは元気でした

中国ではいま 中国のために開発された有名ブランドの製品が

あるそうです。

毎日1000人の億マン長者が出ている中国で、BMW、ルイビトンなどの

会社が中国専用の製品を作っているそうです

それが中国人の心、見栄、ステイタスをくすぐって、売れるのだそうです

もっとブランドが追随するかもしれません

国際結婚のA子さんとB子さんは 良く交際しています

中国にいる時は 互いに違う環境で育ち知らない間柄だったけど

日本に来て互いに嫁ぎ先が近かったせいもあり、友達になりました。

二人とも年齢は40過ぎで、中年になっています。

旦那さんは共にサラリーマンです、 環境が似ているので 

お菓子、果物など互いにやり取りして、付き合いしています

夜互いの旦那が遅い時は スカイプなどをして楽しんでいます

中国から嫁に来たB子さんは、息子の事でなやんでいます

B子さんには20歳になる息子が中国にいます

その息子が恋人ができて、結婚することになりました 

しかし 住居のことで 日本にいる母に頼んできました

住宅資金を出して欲しいというものです、 しかしB子さんもお金がありません

パートに出た資金ではとうてい足りません、頭を悩ませています

中国の車社会

user-pic
0

中国もモータリゼションの普及で買い物に車が使われ始めて

いる。 筆者が行ったフランスのスーパーカルフールは

広い駐車場を持っていた。

またマックもドライブスルーの店舗を作り始めた。

2億台に達するであろう車の保有台数は、もう車社会が到来して

る事を示している

韓国の存在

user-pic
0

国際結婚に韓国男性が登場して10年くらいになりますが

最近は優劣がはっきりしてきました

韓国が日本男性より優勢なのです。ご承知のように韓国の経済発展は目覚しく

もはや造船、テレビ、など完全に逆転されている分野が多くあります。

それにともなって、国際結婚も韓国男性がお金と積極性とで日本を上回って

います。

国際結婚(3)

user-pic
0

国際結婚の女性の事を書きましたが、正直いって女性に問題がある例は

少ないようです

男性の言い分は女性がわがままといったものが多いですが、

男性の5割近くは 母の意見に従っています。 これは相談所ではどうしようもない

問題です。

このあいだも 連続して母親の反対でダメになりました。

60歳男性が82歳の母の反対で決心がつかないのです

女性不足の原因の一つは韓国です

最近特に経済力をつけてきた韓国はむしろ<日本人>よりお金を持って

います。

一方日本の男性の半数は 収入が少ないのです。 日本経済の低迷と共に

収入の大幅アップは見込めません。年収250万の男性は いつまでもそのまま

というのが現状です。韓国の小金持ちは 元気がいいのです。

そして<即断・即決> YES、NOがはっきりしているという 大陸的発想が

中国と似ています。

昨日久しぶりに新しい女性が登録されました

最近 この1年は女性の登録が激変です

女性の絶対数が不足しているのです これがどういう結果を生むかといいますと

女性が<先ず男性の写真を要求>するのです。

まるでいままで逆です 男性が選ばれるのです

こんなことは長い結婚紹介業で初めてのことです

中国のネット

user-pic
0

中国のネットを過激な愛国の嵐が吹きまくっています

日本とアメリカが標的になっています

このコラムの言い分は、日本は戦争で中国人に損害を与えたのだから

当たり前として、 アメリカは戦争の時から 中国を助けてくれた

だから ヒステリーのような米国攻撃を止めようと言っていました

なかなか 過激な論調は元気がいいですが、検討はずれもあります

九月になって 中国人観光客が激減しているそうです

いずれこいう時が来ると思っていましたが、案外早く来ましたね

国の政策でいくらでも変わるのでは、欧米の観光客を質が違います

それに<爆買い>もいつまでも 続くわけがありません、

商品が行きとどいてきたら、無くなる需要dすから

まあ しばらく様子をみるしかありませんせんね、 また政策が

かわるかもしれません

一人っ子

user-pic
0

中国の一人っ子は わがまま 協調性が無いなど

一人だから同年輩の子供との接し方が分らないくて

行動にもんだいがありました。

そこで ある男性が友人3人と互いの子供を兄弟として育てる計画

を立てました。夏休みの期間 互いの家で3人は過ごし、

茶碗を洗う行動を学んだり、食べものの好き嫌いを言わなくなりました

こんな計画は広がるといいですね

中国の卓球

user-pic
0

中国の国民的スポーツと言えば、卓球でしょう

朝から晩まで 卓球をやっているチャンネルがあります

有名な選手がいるらしく 中国の人は皆知っています

その選手が出ると みんなで応援します、 やはり卓球の中継なんて

無い日本とだいぶ違います

プロリーグがあります、 愛ちゃんが所属していたのもそこの大連の

チームです