2010年1月アーカイブ

中国国民は経済発展で恩恵を受けています。

村で新車を買った人は親戚友人を集めて、披露宴を開くのだそうです。

こんな勢いで物が浸透していきます。 この膨大な物を生産する資源を中国は世界に

求めています。

読売新聞にアンゴラに20万人が住む都市を建設しているそうです。 援助の支払いは

石油です。むこう何十年とアンゴラは支払わなければなりません。

中国語

user-pic
0

日本に来た花嫁がまず直面するのが、日本語です。

中国人にとって難しいのが小さい「つ」です。これが中国語にないために、彼女たちが

しゃべると「行ってきて」が「いてきて」になるのです。

また「う」がありあせん。買い物のに行こうが「買い物にいこ」になるのです。

これを気をつけて直すと「日本人らしく」なるよとアドバイスしています

経済

user-pic
0

トヨタ自動車がアメリカでブレーキペダルの不具合で530万台のリコールになっているそうです

トヨタは中国でも信頼のブランドです。

中国人に聞くと「トヨタクラウン」に乗りたいと言います。 品質が良いからだそうです。

今度の米国での不具合はどんななのでしょうか、 私はトヨタの何の関係もありませんが

心配です。 中国の自動車は爆発的に伸びていあます、知人の中国人は商売の景気が

良くて今までのバイクからカムリに乗りました。 

中国の高速道をトヨタは快適に走りました。

今日の読売新聞の一面ぶち抜きで アンゴラで中国が20万人の新都市を作っている

写真が載っています。

全部中国の借款で建設しているのです。 この建設費の支払いは全部「原油」です

むこう何十年間に亘って、アンゴラは原油を中国に支払わねばなりません。

現地の資材、労働者は全部中国人です。 全世界から資源を集めています。

すなわちこれらを支払うお金があるからです。 この影響はわずかな田舎の国際結婚

にも影響を及ぼしています。 中国女性がとても地位が上がって若者それもカッコいい

男性を求めるようになったのです。 たぶんいま日本女性が「アメリカ人」にそんなに

魅力を感じないようになったのと同じ事が中国で起こっています。

 

寒さ対策

user-pic
0

中国東北地方の住宅の寒さ対策はどうなっているのでしょう

基本的に都市に一戸建て個人住宅はありません。 共産党の幹部用の個人住宅は

あります。 高い塀にかこまれた広い敷地に入り口に衛兵が立っています。

外から見ると緑の木立に囲まれて、住宅が建っています。一般庶民はすべてマンションです

この暖房は温水です。450万人が住むハルピン市のに多分数箇所巨大な煙突があります

温水を造り 地下配管でマンション各戸に供給しています。

ヘーホーメートル当たりいくらと暖房費うぃ払っているのだそうです。

田舎は壁厚み50センチもある防寒対策です。 古い家はベッドが台状になっていて

その下に口があってトウモロコシの収穫後の茎などを燃やします。

新しい家は台所で石炭を燃やします。それが温水ボイラーになっていて、各部屋を循環

します。

相性

user-pic
0

結婚はどうしても相性です。 先日テレビで探偵が視聴者の希望の人を探す番組がありました。

43歳で派遣も切られてその日の夕食にも困る男性が、父を探す番組でした。

その粗筋によると男性が30歳の頃、家へ帰ると父母の喧嘩が絶えませんでした。

ある日母だ離婚して出ていきました。 青年も父との縁を断って自立したのです。

番組の探偵が85歳になる父を探しあて、面会の場面で父は大して懐かしそうもせず

先ず自費出版の技術者としての半生を書いた本をやると差し出しました。

お前が困っているなら「今1万円やろう」といいました。

このオヤジが離婚した理由が分かりました。 妻に心を割く事も全く無かったのだと推測できました。

自己中心の夫と自己中心の母の組み合わせだったのが透けて見えました。

これでは「暮らせる」訳がありません。

主人の理解

user-pic
0

大阪に嫁に来たA子さんは良い主人に恵まれて幸せです。 当社のスタッフの王と中国で

同じ学校に行っていたクラスメートで親友です。

A子さん都市の出身で、なかなか活発で男のような性格でパっパつと割り切ります。

当社を経由しないで結婚しました。 それで中国の仲介所の120万を支払いその

借金を負って日本にきました。 初めは主人とトラブルになりましたが、相性がよかった

ので今はべたベタの仲の良さです。 借金も50万ボーナスから30万は義母から残りは

朝6時からパートで働き120万を作りました。

12月に里帰りして、返済して昔の同級生と大酒を飲んで豪快に遊んできました。

主人からハルピンに電話があって「早く帰って来て」と言ったそうです。

今日のレコードチャイナに日中国際結婚のニュースが載っています。

中国人女性の最近の意識の変化だそうです。 これは当社も感じています。

ニュースによると中国人女性の日本人男性を選ぶ基準は1)若さ2)性格3)外見4)収入

だそうです。

先日も40代男性が20代女性に見合いを申しこんで断れました。 数年前なら60代でまま

ありました。40代なら若者でした。 しかし 今は断られるのです

これは韓国の影響もあります。韓国の比較的若者が ハルピンに毎週数十人も来て

お見合いしています。 日本人のようにもたもた考えないないで「サッと」決めます

貿易でも「サムソン」に抜かれています。 なんでも「会議」「同意」をやっている日本企業は

立ち遅れていきます。

上海

user-pic
0

昨日立て続けに「上海」の結婚相談所からメールが入ってきました。

少し文面が違いますが、同じ会社です。

一人は妻、一人は夫のような文面です。 当社の王が電話してみると 「花嫁候補がいっぱい

いる、みんな日本語がしゃべれる」というのです。

SKYPEの向こうでわめいている「中国のかしましさ」が伝わってきます。

上海で日本語がしゃべれる?これはオカシイと王が言います。 

日本語がよくしゃべれる女性には何か裏があるのです。 例えば以前キャバレーに居たとか

危険なのでさっさとTVを切ってしまいました。

大坂に嫁に来たC子さんはスーパーで朝6時からパートしていたのですが、つらいので止めました

そして知人の紹介でミナミのクラブに勤めました。昨日で4日めです。

彼女はビール10本も飲むので、昼はダイエットしキャベツだけです。

主人とはとても相性が良くて、助け合いです。 クラブ勤めは日本語が話せなくても、1時間

2000円だそうです。 そうすると1ヶ月25万くらいになるので、主人も生活いっぱいの給料

を考えて援助しています。昨日は昼二人で映画を見に行って楽しく過ごしいます。

友人関係

user-pic
0

日本人と同じで中国人同士でも、気が合う会わないがあるようです。

AさんBさんは仲がいいのです、互いに黒龍江省Cさんは河南省です。

C子さんは来日10年目、日本でも2度目の結婚です。 A子さんとC子さんがいる時はB子さん

の悪いことを言い、B子さんと一緒の時はA子さんの事を言います。

今はA子さんB子さんだけでショッピングやコーヒーを飲みに行きます。

日本人でもよくあるケースです、 どのこ国でも派閥は出来るものですね。

コピー

user-pic
0

中国の偽札の被害は130億円にも上るそうです。実際にはもっとあるでしょう

何故なら発見したらそれは自己負担になるからです。

偽札を届けたら没収になって損をするので、また使おうとするらしいです。

中国で買い物をする時、必ず手で擦って透かして見ます。 失礼だと感じましたが

外国人のこちらが無用心なのです。 受け取った札を見た事もありません。

通貨を疑う習慣がないからです。

先日45歳になる初婚の男性が 見合いを申し込んできました。

立派な経歴です。 しかし二人の女性は「年取っている」と断ってきました。

数年前なら「ありえない」出来事です。

中国の経済事情も数年前と全く違います、ますます発展してまたたく間に「世界有数」に

なりました。こんなニュースは国威発揚のためしょっちゅう流れています。

田舎の女性でも判ります、それに100万位の金は動くきます。 気持ちに「選ぶ」余裕が出て

きたのを感じます。 それにくらべ「もらってやる」意識の男性もまだまだ見かけます。

これから国際結婚中国はむづかしくなっていくでしょう。

中国人の発音を聞いていると、小さい「っ」が言えないようです。

「いてきた」「もてきて」とか っが無いのです。

ですから「い・・・ってきて」 「も・・・ってきて」と「い」と「て」の間で、お茶を一杯飲むを

いいんだよと指導しています。

そすると、いや「そうすると」 うまく日本語が聞こえるよ。

「う」も中国語に無いよ{う}です。 うです。

うつになりそう。

成人の日

user-pic
0

今日は日本は成人の日です。 中国に「成人の日」はあるのかと聞くと「無い」という

答えです。

日本の成人の日は武士の元服に由来していると言われています。

当時は16歳が元服、いまから思えばずいぶん早いように思えますが、この年齢から

責任をもって行動するようにいわれていたのですね。

今はあまやかされているので、さっぱり自立しません。 この国際結婚の一つの障害は

男性が母から自立していない事です。40歳過ぎても「母」に聞くなんて事はざらにあります。

成人の日に思う「スタッフ」ブログです

ジーンズ

user-pic
0

最近 ユニクロやイオンなどで安売りジーンズが話題になっています。

ドンキホーテでは680円ジーンズまで登場しています。

しかし中国でのジーンズ卸市場を見学した事があります。 ハルピンの地下街です。

何百という卸店が並んでいます。

そして驚いた事に その種類の豊富さです。 腿のあたりに刺繍の入ったものや

ほんとに何百種類もあるのです。

私のように少し腹が出て、それでも背が178センチもあるので象の足のような太いジーンズ

は掃きたくありません。どうせ無いだろうとたかをくくって行くと、ちゃんと腹が分からないように

ゴムになって足は細い形があるのです。

地球温暖化

user-pic
0

今年の中国は特に寒いようです、 昨日は北京、ソウルに大雪がふりました。

ハルピンの情報では、去年から「寒いよ今年は」と言っていました。

日中でもマイナス30度を記録したそうです。 通常昼はマイナス10度前後です。

一昨年は0度前後まで気温が上がって、氷祭りの像が融けていました。しかし今年は

特に寒いのだそうです。 ハルピン市内の「松花江」はもちろん凍って自動車も走れます。

石油燃料の節約はいいことですが、地球は石油燃料が無い氷河期から温暖化を繰り返して

います。

三が日

user-pic
0

お正月の三が日は皆さん結婚のHPを見るようです。

沖縄から根室から問い合わせがありました。 

正月は独身者は暇なのかも知れません。北海道は住んだことがありませんので、気候の

厳しさは分かりませんが、住めば都と言います暖かいストーブを囲んで「夫婦」仲良ければ

寒さは関係が無いのかもしれません。静岡県の暖かいところのい住む去年結婚した

Aさんから電話がありました。 まだ日本語が出来ない妻の愚痴を聞いてやって欲しいという

ものでした。 愚痴を聞くのも「相談所」の仕ごとと10分も聞きました。

これで奥さんの気も少しは晴れたでしょう。

元旦は初詣に行ってきました。

いつもの事ながら、急に信心を出した人たちでいっぱいです。

車も混雑で駐車場に入るのにも、一苦労でした。

国際結婚もだんだん女性達も代替わりして、同じようでも違う人たちです。

40歳と聞くと4?5年前は「わ?若者」と喜んだのですが、年末40才の青年が申しこんできたのです

が35才までとたいして美人でない女性が拒否したのです。

ああ時代が変わり人が変わって、常識も変わるを感じました。

今年もよろしくお願いします。